カリタスでの講演

カリタス家庭支援センターで講演をさせていただきました。今回はだれでも参加が可能だったこともあり、LGBT当事者をはじめ、いろいろな職業の方、いろいろな困りごとを抱えている方々に多数参加いただきました。

質疑応答ではホルモンの影響についてや性別の記入欄などについてなど多数の質問がありました。中には「大学の教員養成課程のカリキュラムの中にLGBTに関することを盛り込むべきだと思いますがいかがお考えでしょうか?」という議会の一般質問さながらの質問もいただきました。「全くその通りだと思います。」とお答えしました。

講演後は茶話会があり、いろいろな参加者とお話しする時間がありました。中には「与えられた体に傷をつけることについて否定的な意見も一定数ある」との意見もありました。どのような立場の方がどのような理由でそう思うのか、耳を傾けることはとても重要です。

今回の講演では参加者からいろいろと貴重な話をたくさん頂きました。心より感謝申し上げます。