深川市母女のつどい&学習会

深川市母女のつどい&学習会にて講演しました。母女の会にお招きいただいたのは小樽に引き続き2回目。名前に母女とありますがいずれも女性に限定されているわけではなく、今回は男性教職員の方も会場にいらしてました。

今回は「LGBTってなあに?」~LGBTの渕上綾子が道議会議員になったわけ~という演題でお話ししました。夜の世界で生きるトランスジェンダーが抱える課題、将来の仕事のために宅建の免許を取ったこと、相続セミナーの講師をしたこと、現職の北口雄幸道議からの思いがけない言葉から政治の道が開けたことなどをお話ししました。

意見交換の中で、空知では、30年前から混合名簿が使われていた、昔から制服以外にジャージ通学が認められていたなどの話がありました。早くから先進的な取り組みがなされていたとのことにたいへん驚きました。

教職員の方が会場設営されていました