食と観光対策特別委員会で質問する 新しい旅のスタイル事業について

食と観光対策特別委員会で、4月2日から30日まで実施される『新しい旅のスタイル事業』について質問しました。

一時停止や再開の基準について。停止については明確にするとしながらも、「複数」の宿泊施設で集団感染が発生した場合、再開については有識者の意見を踏まえてとの答弁でした。停止や再開については事業者や利用者の混乱を軽減するため基準を明確にするよう求めました。

高い料金設定をする事業者の方が高い割引額が適用されるために人気が集中し、安い料金設定をする事業者は使い切るのに比較的時間を要することが予想されます。そのような場合に5月以降に繰越しや延長などの対応をする考えがあるかについては検討していくという答弁にとどまりました。

旅行者等に対するモニタリング検査について。旅行者を対象とするPCR検査ですが、キットの配布場所や配布数などについて現在保健福祉部で調整中とのこと。新しい旅のスタイル事業の利用者も対象とすることを求めました。

国の「地域観光事業支援」・GoToトラベルとの併給は認められないことが示されました。

感染の再拡大にならないよう十分に対策された事業かと思いますが、感染拡大の兆候を早期にとらえ、いち早く対応していただくことを求めました。

↓今日は北海道のデザイナーかみしまちなみさんのワンピースで春の装い