アライグマ被害の視察

9月4日委員会視察で新十津川に行きました。当地ではアライグマの被害が拡大しており地元農家の方に大変な打撃を与えています。

今回環境生活委員会と農政委員会が視察に参加。場所は新十津川の横井ファームです。ファームの横井さんは「スイートコーンが被害を受けている。いちばん美味しそうなものを収穫直前に狙う。スイートコーン以外にもメロンやスイカも被害がある。箱罠をしかけているが、駆除してもまたほかの縄張りのアライグマが現れる」とおっしゃっていました。

視察の後には新十津川町総合健康福祉センターゆめりあで意見交換会が開かれました。

熊田町長「美味しいものを食べていただくことが農家の喜びだが、それを打ち消されてしまう」

空知振興局青木さん「農業被害は増加傾向。アライグマ根絶を目指す」

ピンネ農協斉藤さん「スイートコーンは関西で需要が高い。スイートコーンが集中被害に遭っている」

アライグマの効率的な捕獲方法の確立が急がれます。