民主議員ネットで講演

8月18日

ポールスター札幌にて行われました。

道内の立憲民主党、国民民主党の道・市町村議の合同勉強会です。

参加者は250人くらいいました。

講演する講師は3人で、わたしはそのうちの一人です。厚谷司夕張市長、わたし、明石順平弁護士の三人が話をします。

一人目の厚谷司夕張市長からは「『財政破綻』とは実際どういうことなのか」というタイトルで夕張の財政再建の話がされました。

二人目はわたし。「多様性の尊重とLGBT~性的マイノリティと人権~」をテーマにLGBTを取り巻く課題についてお話させて頂きました。先輩議員も多数で、緊張して汗だくになりましたが、時間通りに話せました。

三人目は明石順平弁護士。「今後の日本経済とアベノミクス」をタイトルにした講演はアベノミクスの統計のインチキについての話。統計の取り方を過去にさかのぼって変更することによって、一見アベノミクスが成功しているように見えるが、実は従来通りの統計の取り方だとアベノミクス失敗といえる結果について報告されていました。

 

講演後、たくさんの方と名刺交換をしました。また道内のいろいろな地域の方から講演を依頼したいという嬉しい話を頂くことも。

できるだけ地域の依頼には答えていきたいです。

これからも、LGBTの幅広い理解につながるようがんばります。